N House 現場進捗

65834766_1343710065807695_2694595973941821440_n.jpg

間が空きましたが都内の現場のご報告です。
無事躯体工事は終わり、先日足場が外れました。北側が緑道でそれを意識した計画にしていますが、こちらはLDKに併設したテラスからみた風景です。緑が綺麗に切り取られています。計画通りでホッとしました。



掲載のお知らせ

006_L_B.jpg

「中野のSOHOリノベーション」が海外サイトの特集記事に取り上げられました。
いくつかの事例の中の一つとして紹介されていますが、他は全て海外の事例なのでちょっと新鮮に見えます。ご高覧下さい。





宮津の住宅地鎮祭

58378797_1287477368097632_7293750536224899072_n.jpg

京都宮津で住宅が始まります。
計画を始めて3年、ようやく地鎮祭を迎えました。木造平屋です。広い敷地に対して面積がコンパクトな建築ですが、表面積の大きい大らかな住まいになると思います。これからゆっくりと施工されていきます。
出来上がりと宮津通いが楽しみです!




Alvar Aaltoとフィンランド

190416_AAT.jpg

アアルト展に滑り込んで来ました。
大学院の時にフィンランドに4ヶ月ほど滞在した時にアアルトを経験しました。今回当時の事を思い出す良い機会になり、せっかくだから思い出しメモとして投稿しておこうと思います。
28年前ですが、今のインターンみたいな制度でクオピオという町の役所の営繕課に勤めたのですが、日本の役所と違って建築家もサブで勤めていてフィンランド建築を色々教えて頂きました。当初僕自身はアアルトにそれほど興味がなく、現代建築家のユハレイヴィスカやブリックマンなどを見てまわりましたが、どの建築を調べてもアアルトの影響が出ているらしい事と、職場の人達がアアルトについて熱く語るのを聞いて、じゃあ見ようかということで動き出したなんとも罰当たりで消極的な始まりでした。
というのも、アアルトのドローイングにある端部のよくわからない曲線は、学生の僕には理解できず、良さが想像できない未熟さが要因でしたが、いざ実際に見て経験すると、その効果が抜群にいちいち効いていることに気付かされました。例えばユヴァスキュラの役所の壁は、壁沿いを歩くと見える風景が変わりながら移動する事になりシークエンスをつくっていました。パイミオのサナトリウムの階段室の踊り場に置かれた椅子の曲線は、窓からの風景との呼応が絶妙でした。アアルトのマーキング的に使われているドアノブの曲線も美しいものでした。
展覧会をみて改めて、アアルトはやはり経験しないと分からないだろうと思いました。ある研究者が「アアルトは研究が難しい、体系化できない良さが特徴だから」と仰っていました。その通りだと思います。
体系化できない良さ、体系化を意識しないで良いものを創り上げることは難しいですが目指したいものです。




OCEAN TRIBE竣工写真

ダイビングショップOCEAN TRIBEの竣工写真がまとまりましたのでご紹介しておきます。


181120_OT_L_004.jpg

場所は東京の自由が丘駅から徒歩5分の路面店舗です。クライアントがこの物件を決めたのは、面積や賃料が適していたこと以外に、場所が角地であること、駐車スペースが店の前にあることでした。店の前の駐車スペースは、ダイビングツアーの行き帰りにお客さんをスムーズに店内に案内できます。


181120_OT_L_003.jpg

計画に対するクライアントの要望は、この立地を生かして人が入りやすい雰囲気の店舗とすることと、収納を充実させることでした。また人が楽しく集っている事が分かるように、内外にベンチを設けることが求められました。
平面計画は、できるだけ広い整形のスペースを確保して、バックヤードを全て壁面収納にすることで容易に決まりました。あとは窓とベンチをどうするかが設計のしどころとなりました。


181120_OT_L_001.jpg

181120_OT_L_002.jpg

1階で道路幅が6M以上なので延焼線から外れ、防火の窓にする必要がありません。その条件から木製建具を選択しています。そして、角地のメリットを生かし、両面の道路に同じような窓をL字に設け、店構えを両方の道路に取れるようにしました。そして窓の幅と合わせて内外に面するベンチを設けています。窓はベンチ上の窓として、耐久性に配慮すると共に、ベンチ下を収納として有効利用しました。


181120_OT_L_005.jpg

素材や照明器具は、クライアントのこだわりがあり、それを満たしながらコストが合うものを短期間の間に見付けています。


181120_OT_L_006.jpg

窓は3枚引込窓として、片側に寄せると店内が半屋外空間のようにもなります。

用途はダイビングショップですが、道行く人はカフェですか?と聞いてきます。オープンカフェみたいにしたいと仰っていたクライアントの要望どおりとなりました。

この物件は、いろんな方のご協力で設計始めから3カ月余りで引渡しが実現できました。この窓とベンチスペースが季節を通してどんな使われ方をするのか楽しみです。

Photo by Satoshi Shigeta






掲載のお知らせ

2019-01-31 102956

X-Knowledge社(建築知識)から書籍、『成功するリノベのベストレシピ』が発売されました。これまで建築知識に執筆されていた内容が抜粋されて凝縮された形の本です。私の執筆もいくらか載っていますが、内容はかなり充実していると思います。現在書店に並んでいると思いますのでご覧下さい。
http://xknowledge-books.jp/ipscs-book/BooksApp;jsessionid=BF20C92F7AF1383FF156AEA7ADB26590?act=book&isbn=9784767825649



N House 現場進捗

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019-01-08 151722-1

年明け最初の現場監理です。都内で施工中の物件の配筋検査に行ってきました。

2019-01-08 151524 HDR-1

2019-01-08 151507-1


検査は滞りなく終わり、地下のドライエリアの型枠がばれていましたので打設具合も確認しました。


2019-01-08 154752-1 2

綺麗に打てていて問題なしでした。ドライエリアですが閉鎖感もなくスケール感が間違っていなかったことが確認できて設計者として安心しました。




年末年始業務のお知らせ

181120_OT_L_004.jpg

もうぐ2018年も終わります。今年も大変良い物件に恵まれました。普段とは違う規模の住宅や、始めての完全平屋の住宅、あと店舗の内装など自分にとって新鮮なプロジェクトが多い1年でした。こちらの写真は夏の終わりにお引き渡しをした店舗で、写真家の繁田諭さんに撮影して頂いたものです。普段あまり店舗のご依頼はないのですが、時々ご紹介などで頂くのが有り難いです。今回は構造設計者の方からのご紹介でした。
毎回クライアントの方と密に打合せをして、最終形を一緒に造り上げていくのですが、その課程も含めて建物は成り立っているのだと思います。既成の物を買うのではなく、一緒に創造していく事が重要で、クライアントと意見を交わし、相応しい素材を探したり、見付け出したり、お互い信頼関係を築きながら、徐々に形も出来上がっていく課程は何ものにも代えがたいです。

年末年始は12/29〜1/6までお休み頂きます。休み中もメール頂けると対応致しますので何かございましたらご連絡下さい。
来年も新たな出会いがあり、また一緒に新しいものを創造していく課程が楽しみです。
2019年もどうぞ宜しくお願い致します。

森吉直剛

掲載のお知らせ

2018-12-26 145119_fix

2018-12-26 145141

昨年竣工したHouse Hリノベーションがミーレの冊子に掲載されました。生活シーンが撮られた写真は新鮮です。素敵な記事をありがとうございました。ミーレのショールームに置いてあるようです。機会があればご覧下さい。






N House 地下壁施工

少々忙しくしていてブログの更新が滞っていました。ようやく少し落ち着きましたのでブログを更新します。まずはN-Houseの進捗状況


181126_2.jpg

杭基礎、基礎梁、地下スラブを終え、地下1階の壁に入りました。ずっと施工図チェックと配筋検査ばかりしていた物件ですが、これまで意匠的な要素はなく、建物性能保持が目的でした。ここからは打放し面があり意匠チェック満載です。


181126_1.jpg

外部廻りはスギ型枠打放しです。2種類のスギ型枠を使い表情を分けています。出来上がりが楽しみです。




「House H リノベーション」の撮影に立ち会いました

181017_1.jpg

昨年竣工した「House-H リノベーション」があるメーカーの冊子に掲載されることになり、撮影に立会いました。通常の竣工写真とは違い人が入った生活シーンの撮影で、シャッター音と飛び交う言葉が新鮮でした。特に印象的だったのは、飛び交う言葉が感覚的でありながらスタッフ皆がその感性を何となく共有している事です。同じメンバーできちんと計算してシーンを創り出してきた経験からだと思いました。その感性の違いが、美しい紙面とそうで無い紙面の違いを作るんだと分かりました。色々勉強になりました。



N House 着工しました

2018-09-13

新しいプロジェクトが着工しました。都内の閑静な住宅街の緑道沿いに建つ個人住宅ですが、地下1階地上3階建てRC造です。


2018-09-24

先日杭を打ち、地下の部分を掘削し終え、基礎の配筋が始まりました。規模も大きく竣工までまだまだですが、時々ブログでご紹介していきます。




ダイビングショップ内装引渡し

少し前になりますが、店舗内装工事の引渡しをしました。

12_n.jpg



内装といっても工事の半分は外部木製建具の製作と内外に面したベンチでしたので普段やっている住宅設計のノウハウが生かされています。

6_o.jpg

960_o.jpg

04_o.jpg

0_o.jpg


用途はダイビングショップですが、道行く人はカフェですか?と聞いてきます。カフェみたいにしたいと仰っていたクライアントの要望が叶えられて良かったです。いろんな方のご協力で設計始めから3カ月余りでお引渡しが実現できました。この窓とベンチのスペースが季節を通してどんな使われ方をするのが楽しみです。








ダイビングショップ内装

2018-06-21 102942

2018-06-21 094244

2018-06-21 094803

店舗の内装工事がはじまりました。普段の住宅とは全然違うスピード感で進んでいきます。じっくり考える時間はありませんが、クライアントとの話し合いで感覚的に決めたことを、工事が出来るように図面化して、見積して、綱渡りで施工会社が決まったかと思うとすぐに工事、そして1週間もするともう大枠が出来てきています。この臨場感がたまらないです。店舗設計久しぶりですが楽しんでます。



掲載のお知らせ

11111.jpeg

昨年竣工したHouse H リノベーションがキッチン専門のウエブマガジンに掲載されました。クライアントへのインタビューの形式で紹介されています。是非ご高覧下さい。
http://realkitchen-interior.com/sp-issue/11875




「中野のSOHOリノベーション」 竣工写真

ブログの更新が滞っていました。昨年末になりますが竣工したツーバイフォー住宅リノベーションの竣工写真がまとまりましたのでご紹介しておきます。

001_L_b.jpg

まずは外部ですが、外壁や屋根、窓など建物本体の外部はそのままで、エントランスの門扉とアプローチ廻りをリノベーションしています。門扉廻りの壁は特殊モルタル(モールテックス)の左官仕上、門扉はスチールリン酸処理仕上の扉として引き戸としています。


002_02_L_B.jpg

こちらは1階のLDKです。床材は既存利用で、壁天井は塗り替え、正面のテレビの設置されている壁はポーターズペイント塗装仕上げとしました。


003_01_L_B.jpg

キッチンも再利用としてコストを軽減していますが、背部の扉やトイレの扉などは既存扉にダイノックシートを張り回して色のトーンを変えています。あまりコストがかからない方法ですが、空間の雰囲気は随分かわりました。


004_L_B.jpg

階段は既存の階段の上に仕上を施したのと、スチールの手摺りを撤去して木製の壁状の手摺りにしました。こちらもコストの割に効果が大きかったです。


005_L_B.jpg

006_L_B.jpg

007_L_B.jpg

洗面所と浴室は大きくリノベーションしています。洗面所は壁位置をずらして既存より広くしました。浴室は大きさは変えていませんが、中身はすべて新しくしています。窓もここだけは撤去新設して、既存よりも大きくしています。壁の仕上は浴室洗面所共に特殊モルタルであるモールテックスで統一しました。


008_L_B.jpg

こちらは子供部屋です。都心のコンパクトな住まいなので、スペースの有効利用が必要ですが、子供の勉強部屋はそれぞれ分けずに1室として、このような造り付けのデスクを設置しています。


012_01_L_B.jpg

こちらは夫婦寝室です。子供の寝室は別にありますが、今のところ家族全員で寝られるように広いマットを部屋全体に敷き詰めています。天井は木を貼って間接照明を施しました。


010_02_L_B.jpg

こちらは仕事部屋です。今回のリノベーションのきっかけとなったのは、この仕事部屋を充実したものとすることでした。アニメの音入れをされているご主人のためのスペースですが、音響部屋となっています。機器は別の部屋に設けて配管したり、特注のスクリーンを設けたりと、小さいスペースにいろんな工夫が凝らされています。間接照明を設けたり、天井高さをうまく利用したりなど今回のリノベーションで一番苦労した所でした。


014_01_L_b.jpg

013_L_B.jpg

今回はお若いご夫婦と3人の幼い娘さんがクライアントでした。空間に関するこだわりも強く、またいろんな知識をお持ちで、一切妥協せず強い意志をお持ちでした。建物は建築家だけでなくクライアントと建築家の合作として創り出されるといわれますが、今回は特にそのように実感しました。クライアントの強い思いがなかったら実現しなかった部分が多くあります。自分にとっても新たに挑戦した事が多くあり、それがうまく出来た喜びを得られ、大変貴重で充実したものとなりました。改めてクライアントに感謝したいと思います。どうもありがとうございました。
 
最後に改修前の写真をいくつか入れておきます。

R0024759.jpg

R0024702_B.jpg

IMGP7069_B.jpg

IMGP7061.jpg

IMGP7037.jpg

IMGP7031.jpg




D-House 外構検査

180330_daizawa1.jpg

施工中の平屋の住宅の外構検査に行ってきました。


180330_daizawa5.jpg

先月既にお引渡し済でしたが外構が出来てようやく完成です。


180330_daizawa2.jpg

180330_daizawa3.jpg

住み始めたクライアントから「動線計画が良くて住みやすい」とのお言葉を頂きました。嬉しい限りです。設計でこだわったのは平屋ならではの使いやすい動線と、平屋でも多様な空間経験でした。多様な空間経験は窓から見える外構が重要な要素です。これからこの多様性も喜んで頂けるとさらに嬉しいです。


180330_daizawa4.jpg

敷地は道路から上がっているので玄関アプローチにはスロープが設けられています。色々苦労はありましたが幸い問題なく無事に竣工をむかえられました。後日竣工写真を撮る予定です。またブログで紹介していきます。





House H リノベーション竣工写真

先日「House H リノベーション」の竣工写真が上がってきました。写真家は繁田諭さんです。後日とりまとめますが、まずは私が一番実現したかった空間を表している写真をご紹介します。

016_L_HDB_ブログ用

こちらがそうですが、都市とリビングが一体となったような空間です。都心の崖地の立地を最大限に生かすようにリノベーションしました。


007_L_HDBのブログ

017_L_HDB_ブログ

020_L_HDBのブログ

その他の写真も含めて後日作品のご説明を致します。








D-house 竣工前

128_2.jpg

都内で施工中の平屋の住まいが外構工事を残して完成しました。最初の計画から殆ど変更なく進み、当初イメージした通りの空間になっています。


0204_3.jpg

128_1.jpg

平屋ならではの機能性を持ちながら各スペースそれぞれに特徴を持たせることを心がけています。空間は外と一体で設計しているので、残っている外構工事が出来上がると完成です。当初提案した生活シーンが実現できそうで楽しみです。



D-House 内装

170109_otk.jpg

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
仕事初めは都内で工事中の平家の住まいの現場確認でした。スロープが綺麗に出来ていました。これから塗装工事に入ります。




最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR