D-House 上棟

R0027660-1.jpg

都内で施工中のD-Houseが上棟しました。完全平屋の戸建て住宅です。上部に建物が無いということで屋根が自由になります。それをより所にして、平屋ながら多様な空間体験が出来るように計画されています。最近雨が多くブルーシートで覆われていますが、屋根の高さを色々変えているのが分かると思います。屋根は切り妻だったり片流れだったりして、部屋ごとに天井高も勾配も違った空間となります。


R0027689-1.jpg
R0027675-1.jpg

こちらは1番天井が高いリビングエリアになります。天井は一番高いところで4.15Mになります。竣工は来年になりますが今から出来上がりが非常に楽しみです。









House H リノベーション 竣工前

IMGP6330_L.jpg
IMGP6358_L.jpg

先日オープンハウスを行いましたHouse H リノベーションの夕景写真を撮ってみました。キッチンとテラスの関係が夕景だとよく分かります。楽しい場がつくれたのかなと思います。来週にお引き渡しです。






House H リノベーション 養生とれました

170831_ldk.jpg
170831_ldk2.jpg

House H リノベーションが完成間近になりました。養生もとれて全ての仕上げがあらわになりました。
素材と色のバランスが間違っていなかったことを確認できてホッとしています。
明後日(9/2)オープンハウスです。内覧ご希望ございましたらご連絡下さい。







「House H リノベーション」オープンハウスのお知らせ

R0027206.jpg

これまで一部ブログでご紹介してきました「House H リノベーション」が、ほぼ竣工の運びとなりました。クライアントのご厚意により内覧会を開催させて頂くことになりましたのでご案内致します。
都心の傾斜地に建つ地下1階地上2階建ての住宅で、地上の木造部分について全面改修を行いました。構造補強、断熱改修を抜本的に行い、築40年でありながら全館調湿換気と全館空調を備えた開放的な住まいを実現しています。是非ご高覧下さい。

日時:9/2(土)11:00~17:00
場所:東京都品川区(都営地下鉄高輪台駅より徒歩10分、JR五反田駅より徒歩15分)

設計監理:一級建築士事務所 森吉直剛アトリエ
構造設計:EQSD一級建築士事務所
施工:株式会社青

内覧ご希望の方は下記からご連絡下さい。
詳細の案内状をお送りいたします。
http://www.moriyoshi-a.com/contact.htm

森吉直剛






House H リノベーション 内装工事

House H リノベーションの現場です。月末の竣工に向けて内装工事が進んでいます。

2017-08-10 112315

こちらは木製建具のブラインドボックス。綺麗に納まっています。


2017-08-10 112258

こちらは暖炉廻りのタイル目地です。こちらも想定通りの見え方をしています。

クライアントと引き渡しのスケジュールも確認しました。長かったHouse H リノベーションもいよいよ終盤です。



House K リノベーション始まりました

2017-07-28 111144

ツーバイフォー住宅のリノベーションが始まりました。解体がある程度進んだ段階で構造設計者と現場確認をします。構造材の架け替え方法、補強方法などを現場監督さんと確認しました。ツーバイフォーは構造的にリノベーションが難しいと言われてますがそんな事はありません。可能です。



D-House 地鎮祭

R0026997.jpg

先週末は新しいプロジェクトの地鎮祭でした。都内の閑静な住宅街に平屋の住まいを計画しています。動線は短く機能的で、なおかつ単調でない多様な経験ができる空間を目指しました。ほぼ平屋で一部2階建てはいくつか手がけましたが、完全平屋は初めてなのでとても楽しみです。







電気工事

R0026962.jpg

H邸リノベーションの現場です。戸建て住宅ですが、クライアントが電気関係者ということもあって、弱電関係が住宅の域を超えています。ここまでの配管は初めてです。今回は電気屋さんにすごくお世話になっています。







House H リノベーション 補強工事終盤

R0026578.jpg
R0026539.jpg

House H リノベーションの現場報告です。構造体の補強工事がほぼ終わりました。構造補強は2ヶ月半ほどかかりました。新築と比べて倍以上の手間がかかっています。どんな建物もそうですが、特に木造のリノベーションは大工さんの腕にかかっています。今回とても丁寧に仕事をして頂き、頭が下がります。解体当初と比べて見た目でも随分安心感が違ってきました。これから断熱材の吹付工事に移ります。







House H リノベーション 補強工事

R0026299.jpg

House H リノベーションの現場報告です。解体工事でスケルトンにし、今度は構造体の補強工事に入りました。計画上一部柱を撤去するので、鉄骨梁で補強を行っています。既存でもこれと直交方向に鉄骨梁があったのですが、さらに補強して大きな空間を確保しています。その梁の交わるところに鉄骨柱を設けました。この柱は全体の大黒柱的な役割を担うので、パイプではなくて無垢材としています。


R0026331.jpg

その他木で梁を追加、筋交いを追加したりしています。


R0026316.jpg

今回は屋根もリニューアルします。既存屋根の上に防水を施し、ガルバリウム鋼板で仕上げています。

現場はなかなか大変ですが、この建物は確実に強靱なものに生まれ変わっています。その過程は大変見応えがあります。







House H リノベーション 解体

IMGP2633.jpg

築40年木造住宅のリノベーションが始まりました。スケルトンリフォームします。解体して骨組みにしたところです。


IMGP2680.jpg
IMGP2614.jpg

最近こういう案件も多くなり、このような空間によく出会いますが、ラインの連続がとても美しいと感じます。カフェや物販店舗であればこのままのデザインを生かしたいところですが、今回は夫婦と小さいお子さんのための住宅になるので基本的に閉じることになります。この状態で現況を確認して設計図書を修正しますがしばらくはこの空間を楽しめそうです。




掲載のお知らせ

170306_VB.jpg

「Viilla Boomerang / 八ヶ岳の別荘」が、オンラインマガジンfevecasaに掲載されました。「美しく機能的な木の住まい」として紹介されています。
http://fevecasa.com/fevematome/detail.php?id=746




掲載のお知らせ

1204081439_main_l.jpg

執筆に参加しました「建築知識2017年3月号」が発売になったようです。今回はリノベーションの特集です。当方で手がけたマンションリノベーションや戸建て住宅のリノベーションを例に、設計時に必要な法的チェック、既存情報の確認事項、そしてリノベーションならではの設計図書の書き方、注意すべき事などを解説しています。昨年2016年3月号も同じくリフォーム特集で、こちらも執筆しましたが、今回もこれからリノベーションをされる方やその設計者にとって非常に役に立つと思いますので是非ご覧下さい。

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/34291703






掲載のお知らせ

170223_villaboomerang.jpg

「Viilla Boomerang / 八ヶ岳の別荘」が、オンラインマガジン homify香港版に掲載されました。木造のエコロジカルな住宅例として紹介されました。窓の形状や光の取り方をメインに解説して頂いていて、製作した浴室をプールとしてコメントされていたりしますが、子供室の印象などなかなか興味深い解釈もしてくれています。もし宜しければご高覧下さい。
https://www.homify.hk/ideabooks/2485885/4-wooden-prefab-houses-that-are-eco-friendly





掲載のお知らせ

170123_vb.jpg

「Viilla Boomerang / 八ヶ岳の別荘」が、オンラインマガジン homifyスペイン語版に掲載されました。私は残念ながら読めませんが、もし宜しければご高覧下さい。
https://www.homify.cl/libros_de_ideas/2327264/4-casitas-sencillas-y-prefabricadas-que-ademas-son-ecologicas





謹賀新年

ポストカード縦断裁_161204_事務所_元

新年明けましておめでとうございます。
業務開始致しました。

年明け早々ですが、明日(1/6)と明後日と下記イベントに参加致します。
http://event.asj-net.com/public/event/data/9670

1/7にはセミナーで「リフォームか新築か」について少ししゃべる予定です。ご興味ございましたらお越し下さい。

今年もあらたな物件、そしてクライアントとの出会いを楽しみにしております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

森吉直剛


年末年始業務のお知らせ

IMGP1339.jpg

もうすぐ2016年も終わります。年の瀬は何かと慌ただしく、なかなかプライベートな時間がとれないですが、先日家族で国立科学博物館に行ってきました。恐竜に興味を持ち始めた3才の息子のためにと思って行きましたが、大人も十分楽しめる場所でした。展示も良いですが、建物が素晴らしく、特にこの階段室は美しかったです。光の入り方や素材の厚み、色合い、反射の具合など見入る所が色々ありました。かたや息子は、目的だった恐竜の展示は、骨展示ということもあってあまり興味を持たず、代わりに流れていた映像に見入っていました。それは地球の誕生から現在までをまとめた映像で、大人も見ていて飽きないものでした。この方の作品のようです。
http://shunsukesaito.com/works-18/
ミュージアムショップでDVDを販売していたら嬉しかったのですが、国立ということもあって何かと難しかったのかも・・・。

年末年始は12/29〜1/3までお休み頂きます。
2017年もどうぞ宜しくお願い致します。

森吉直剛






House SS -桜上水の住宅-

houseSS_01_L.jpg

これまでブログで少しご紹介していましたHouse SSですが竣工写真がまとまりましたのであらためてご説明、ご紹介しておきます。
場所は都心近郊の住宅密集地で約30坪の敷地です。第1種低層住居専用地域で建坪率が40%容積率が80%と厳しく、夫婦+子供2人の住まいとして面積確保のために、地下1階地上2階建て延床面積約37坪で計画しました。今回はクライアントと共同設計となっています。
全体の形状は変形切妻となっています。こちらが妻側で道路から正面になります。外壁はアクリル樹脂吹付ですが、地下のRC部分が少し地上に出て小さい開口があります。木の部分は2階のリビングに面したバルコニーの目隠しとして施したウッドデッキ材になります。


houseSS_04_L.jpg

アプローチです。正面の道路と並行して敷地の向こう側にも生活道路がありますが、大谷石を敷き詰めた通路を横断させて両方からアプローチできるようにしています。右手の庇下が玄関扉になります。外壁はガルバリウム鋼板の横葺きです。普段縦ハゼ葺きが多いのですが、クライアントのご意向で横葺きにしました。隣家との木製塀の水平ラインと呼応して良くなったと思います。


houseSS_05_L.jpg

玄関です。地下を半地下にした関係で一部スキップフロアーになっています。


houseSS_06_L.jpg

玄関の振り返りはこのようになっています。
階段の踊り場が玄関と同じレベルとなっていて、半階降りると地下、半階上がると1階になっています。玄関と階段の存在が、各階を曖昧につなげる役割を果たしていて、住まい全体に一体感をもたらしています。


houseSS_07_L.jpg

こちらは地下の多目的室です。半地下にして窓を設け、地下にも採光と通風を確保しました。全地下と比べると随分快適性は上がります。玄関と繋がっていて引戸をあけると風が抜けます。


houseSS_13_L.jpg

こちらはLDKです。子供部屋、主寝室、浴室は1階に機能的に配置して、LDKは住宅密集地での採光通風を考えて2階に配置しています。


houseSS_11_L.jpg

houseSS_12_L.jpg

houseSS_15_L.jpg

このようにリビングはダイニングキッチンから少しだけ入り込んだスペースとしています。これくらいのはなれ具合によって一体でありながらも少し落ち着いた場所をつくっています。


houseSS_14_L.jpg

キッチンの上には屋上があって、そこから2階リビングに窓が設けられています。三角形の小さな窓ですが、窓先に隣家は見えず常にオープンに出来ます。別の物件でも試みたことですが、小さなスペースで開放感を持たせるにはカーテンを設けなくても気にならない位置に窓を設けると効果的です。カーテンが無いことは広がり感にとってとても重要です。


houseSS_17_L.jpg

houseSS_18_L.jpg

先にもコメントしましたがこの物件はクライアントとの共同設計でした。
少し余談になりますが、森吉アトリエは同業者からの依頼物件が少なくありません。構造設計者や今回のように意匠設計者からも案件をご紹介頂いたり、あるいは共同で設計をすることがあります。ある意味プロから認められているということで自信にもなりますし、共同設計すると色々発見があり勉強にもなります。
コラボレーションすると普段やらない手法にトライしたり、出来上がる空間で普段の自分の設計ではなかったスペースが現れます。今回でいうと間接照明がその一つです。クライアントの奥様が照明メーカー勤務ということもあって、照明計画はクライアントに任せました。この写真のように間接照明は空間の雰囲気作りにとても有効です。またそれほど広くない空間では端部に間接照明を施すことでエンドを曖昧にして広がりを演出する事も発見でした。


houseSS_19_L.jpg

houseSS_21_L.jpg

今回もいろんなところで大変勉強になった物件でした。クライアントであり共同設計者でもあるSさん、どうも有り難うございました。
そして、素晴らしい写真の撮影は繁田論さんです。今回も大変お世話になりました。





House S リノベーション

S_S_blg_001_c.jpg

都内で竣工していましたマンションリノベーションの竣工写真をとりまとめたのでご紹介しておきます。こちらは玄関です。廊下を無くしてLDKに取り込んだので、玄関をこのように独立させた部屋としています。リフォーム前とリフォーム後の計画の概要は以前ご紹介したこちらの記事をご参照下さい。
http://moriyoshiatelier.blog25.fc2.com/blog-entry-162.html
http://moriyoshiatelier.blog25.fc2.com/blog-entry-151.html


House Sリノベーションでは、せっかく南北に窓があるにも関わらず、両者をバラバラにされていた既存のプランに疑問を感じ、それらを繋げつつ、空間に広がりを持たせることをメインに考えました。

S_S_blg_002_c.jpg

こちらはマンションのちょうど中心から南側を見ています。リビングを通して南側の風景が見えます。以前はこの中心に水廻りと廊下があり、このような光景は見られませんでした。


S_S_blg_003_c.jpg

廊下と水廻りを整理した分、リビングも以前より広くなりました。クライアントが別宅に置いていたお気に入りのソファを置くことができています。


S_S_blg_004_c.jpg

IMGP2565.jpg


ダイニングスペースは、キッチン収納と一体とした造り付けの丸テーブルとして、家族が集まって食事ができる場所としています。


S_S_blg_005_c.jpg

このように南北の窓を繋げて風通しと部屋通しの繋がりを確保しています。



IMGP7420_L.jpg

IMGP7419_L.jpg

IMGP7415_L.jpg

来客時や空調効率を上げる必要のあるときはこのように閉じる事もできるようにしています。


S_S_blg_007_c.jpg

この案件はマンションの最上階でメゾネット形式となっています。


S_S_blg_006_c.jpg

上階には主寝室が設けられています。レイアウトは変えずに壁の仕上げのみを新しくしました。下の階は塗装仕上げとしましたが、上階は元々の仕様の通りクロス仕上げとしています。その上で1つの面のみクロスの表情を変えています。


IMGP7516_L.jpg

そして、元々あったウォークインクローゼットの平面を少し広げたのと、無駄なスペースとなっていた天井裏を有効利用できるように天井の仕上げ位置を上げて、収納を一部2階建てにすることができました。これで収納量はずいぶん増えています。



IMGP2538.jpg

この物件は、クライアントのセンスとご提案に対するご理解に大変助けられています。当方の意見を良く聞いて頂き、元々のご提案から殆ど変わらないかたちでこのように竣工できました。改めて感謝致したいと思います。

この物件でもそうですが、マンションリノベーションで私がまず考えることは「風通しを確保すること」と「部屋通しの繋がりを設けること」です。その二つが現在の日本のマンションに欠けていることだと思っています。以前手がけた物件でも同じような考えで計画していました。
https://suvaco.jp/project/YNbNSMZJk3

これからもどんどんマンションに風穴をあけて行きたいと思います!









「House SS」竣工写真撮影

IMGP8325.jpg

6月に竣工していたHouse SSですが、先日竣工写真撮影に立ち会うため久しぶりにお伺いしました。外構工事も完了して、室内は家具が入り、実際に何ヶ月か生活された後の撮影となりました。


IMGP8560.jpg

IMGP8467.jpg

このタイミングでの撮影が生活シーンが見えて最も良い写真が撮れると思います。クライアントのご厚意でそれが実現できました。設計者にとってはとても有り難いです。今回も撮影は繁田論さんです。出来上がりがとても楽しみです。





最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR