スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「森のテラス/茨木」

IMGP3184_LL.jpg

大阪茨木でのプロジェクトです。
大学時代よく車で走った171号線から少し入ったところの分譲地での計画です。
東側隣地が森の斜面、森の接地面は墓地となっています。恒久的に建物が建たず、緑も残ることが魅力の場所です。この森をうまく住宅に関連づけること、そして墓地の存在感をうまく消すことを考えて計画しました。


IMGP3192_LL.jpg

地上2階建てRCで計画しています。
こちらは1階部分です。北側に道路、東側隣地が少し下がっていて墓地と森となっています。


IMGP3183_LL.jpg

2階です。
このように台形型の庭を配置して、中心に高木、境界際に中木を植えています。台形を形作る変形コの字の3つの面にLDK、ライブラリー、2階に主寝室及び1階に子供部屋を配しています。
中心の高木は2階から庭を見た時に森の樹木とシームレスに繋がるようにしています。境界際の中木は、2階からの墓地の視線をカットすることと、1階から森の高木とシームレスに繋げる役割を果たしています。


IMGP3389_LL.jpg
IMGP3316_LL.jpg
IMGP3382_LL.jpg
IMGP3227_LL.jpg


変形コの字の形状は森を空間内に引き込む効果と同時に部屋同士の関係にも寄与しています。それぞれが正面から向き合うのではなく、斜めに対面することで、お互いの独立感もありながらも、関係が付けられている構成です。
以前八ヶ岳の別荘で用いた手法をこの敷地でも考えてみました。


IMGP3351_LL.jpg

こちらは道路側外観です。内部は見えないようになっています。また隣地側からも内部空間は見えなくしています。新たに開発された分譲地での計画ですが、森の別荘に来たような感覚となるように、森以外の隣地の存在をなくすようにしています。


IMGP3267_LL.jpg
IMGP3244_LL.jpg

「森のテラス/茨木」と名付けたこのプロジェクトは、具体的なクライアントはいなくて、分譲地の建売のプロジェクトです。この案をみて、建てたいというクライアントがいて初めて実現しますが、すでにこの敷地が売却済みのようで、実現することは難しいかもしれません。けれどもこの空間に共感して頂ければ、別の敷地でも計画可能と思っています。

下記イベントでこの模型とパネルが展示されています。お近くにお越しの際はご高覧頂けると幸いです。

建築家住宅展2014「ザ・カーサIBARAKI」
ゲストハウス内で9月30日まで展示。
http://www.k-f-h.com/arc/






スポンサーサイト

模型

新しい2つの案件の模型を作りました。

IMGP3584.jpg

IMGP3244.jpg

模型は建物の空間形状だけでなくてその中で想定している生活シーンを表現するようにしています。それには人や家具配置が重要です。ちょっと人が多すぎたかもしれませんが・・・、まあ、満足できる仕上がりになりました。




最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。