スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M邸土台敷

R0012983.jpg

R0013041.jpg

M邸の土台が敷かれました。
もうすぐ上棟です。


スポンサーサイト

建築というより不動産

R0012888.jpg

事務所から見える風景です。
新しいビルが建ち上がってきました。
とにかく大きいです。他とスケールが圧倒的に違います。
これは建築というより不動産だなと思いました。
とにかく床面積を増やすこと。果てしない人間の欲望を感じます。
このような場合、今までの建築とは違った知恵や規定が盛り込まれる
事が必要のように思いました。思いつくのはどうしても建築的ですが
途中階にワンフロアー全て公開空地になってたりするとどうなのだろ
うと思ったりします。きっと何か他と違う事がなされてるだろうと期
待しつつ出来上がりを楽しみにしています。






M邸基礎立上がり

R0012706.jpg

M邸の基礎立上がり配筋検査とスリーブ検査をしてきました。


120607_01.jpg

既に耐圧盤の配筋検査で鉄筋の位置などは確認済みですが、再度基礎
の立上がり部の鉄筋位置にズレがないか、また鉄筋に汚れが付着して
いないか確認します。またこのタイミングで重要なのがアンカーボル
ト、ホールダウン金物、設備配管のためのスリーブの確認です。事前
に施工図で確認済でしたが、重要なので現場でも再確認してきました。


この後にコンクリート打設を行い、型枠をはずした状態がこちらです。

R0012864.jpg

R0012877.jpg

建物の全体像がみえつつあります。





M邸耐圧盤コンクリート打設

R0012660.jpg

M邸のコンクリート打設に立ち会ってきました。
打設前にコンクリートの品質試験を行います。呼び強度、スランプ、
空気量、塩化物量などを確認しました。今まで一度しかNGの経験は
ありませんが、もしNGだったら設計者の判断で生コン車を返さない
といけません。試験結果OKでホッとしました。


R0012684.jpg

打設には生コン車とポンプ車のセットで行います。

R0012685.jpg

奥から打設するために管を伸ばし

R0012677.jpg

このように打設していきます。

R0012691.jpg

この範囲の打設が終わったところです。
この日は天気も良く、気温もそれほど高くなく最適な環境でした。
監督さん、職人の皆さん、お疲れ様でした。



M配筋検査

R0012645.jpg

M邸の配筋検査に行ってきました。
大きいですが木造2階建てなので一般的なベタ基礎です。
配筋ピッチ、重ね継ぎ手長さ、定着寸法、かぶり厚さなどチェックし
てきました。明日はコンクリート打ちです。

最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。