スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「静岡の住宅」スタート

新しい現場が始まりました。静岡県富士市の住宅のリノベーションで
す。

R0017698.jpg


解体途中に現場で打合せで訪れました。こういう光景は随分見慣れて
きましたが、今回は現場を見て即安堵でした。築45年にもかかわら
ず、土台、大引、柱の根本も腐食やシロアリ被害もなく、躯体はまっ
たく問題なしです。設計段階で入れていた床下換気設備は必要無しと
判断して取りやめることになりました。
考えられる要因として、まずは使い方が良かったということ。クライ
アントから良く耳にしていたのが、「うちは風通しがよいので」とい
う言葉です。裏を返せば風通しを良くして暮らしていたということで
す。あとは低断熱だったことが考えられます。結露は温度が急に下が
るところで発生します。つまりは断熱材の外側が一番危険ですが、こ
ちらは木摺りとモルタル外壁で、グラスウールなどの断熱材がありま
せんでした。
木造建築は低気密低断熱が耐用としては良いということが再確認され
ます。昨今求められる高気密高断熱は、木造建築にとっては酷な環境
となることを理解する必要があります。その上でどう回避していくか
が性能上求められますが、まずは風通しがよい住まいにすることと、
住み手に風通しをさせる計画なり説明なりが意匠設計者として必要な
ことであると思います。そのことを再確認できた今回の現場でした。






スポンサーサイト

「G住宅改修」構造補強工事

R0017594.jpg

こちらも随分間があいてしまいましたが、「G住宅改修」の続報です。
スケルトンにして耐震補強の前段階として、基本構造体の一部組み直
しを行っています。現場で方法を確認しながらの決定で、現場監督さ
んと構造設計者のアイデアが満載です。スイスイとはいきませんが、
どんどん構造に安心感が増してきました。
意匠に絡む内容を見落とさないことに注意をはらいながら、現場を楽
しく見させてもらってます。
これから先日実験を行って確認した外壁耐震補強にはいります。






「中庭のある二世帯住宅」内装下地

R0017628.jpg

ずいぶん間があいてしまいましたが、「中庭のある二世帯住宅」の続
報です。基礎工事、建て方、屋根工事、金物検査を無事終え、現在内
装下地工事に入っています。クライアントが大工さんなので、現場で
打合せをしてその場で全て決まっていきます。着工からまだ2ヶ月で
すが、大工工事はもう少しで終わりそうです。


R0017621.jpg

仕事が早い大工さん(=クライアント)ですが、仕事はとても丁寧で
す。ローコストを主目的とした物件なので少々あきらめていた細かい
detailにも現場に入ってから対応してくれます。設計時にイメージし
ていた空間に近づきつつあります。楽しみです。











最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。