スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始休業のお知らせ

年末年始は12/29(日)~1/5(日)まで休業いたします。
休業中のご連絡は、恐れ入りますが下記からお願いいたします。
http://www.moriyoshi-a.com/contact.htm

本年もクライアントの方々、工事に携わって頂いた工務店、職人
さんの方々、大変お世話になりました。

2014年もどうぞよろしくお願いいたします。

森吉直剛



スポンサーサイト

「G住宅改修」内装下地工事

R0018171.jpg

「G住宅改修」の現場監理に行ってきました。今年最後の仕事です。
内部の柱梁補強、構造用合板補強を終えて内装下地工事に入りました。
断熱材も新たに充填しています。


R0018162.jpg

こちらは浴室の防水を終えたところ。ラスを止めるトンボが出ていま
す。ここ10年でFRP防水が普及してきて木造の防水の信頼性が随分増
しました。


R0018167_2.jpg

こちらは内部の吹抜けを2階から見下ろしています。地下まで斜めに
抜ける空間で、さらに上部にトップライトが空きます。既存は各層断
絶されていましたが、今回の改修で新たに層間の空間的な繋がりを設
けました。
僕自身住宅で重要だと思っていることに「独立した機能空間となんと
なく繋がった関係性」というのがあります。ここはそれを実現する繋
がり空間になります。今回はそれに古い梁と柱が現れて、インテリア
のポイントにもなります。
実験を行っていた外壁の耐震補強兼仕上げ工事は来年に繰り越しまし
た。来年ブログで報告していきます。



「中庭のある二世帯住宅」外壁工事、内装工事

R0018115.jpg

「中庭のある二世帯住宅」の現場監理に行ってきました。
外壁を貼り始めました。金属系サイディングです。ローコストにする
ために製作の板金でなくて既製品を使っています。初めて使う製品で
すがアルミサッシュの色との取り合いなどを考慮して色を慎重に選定
しました。出来上がると既製品感がなくなることを目論んでいます。


R0018142.jpg

こちらは1階の内観。ボードは貼り終えほぼ大工工事は終了しました。


R0018125.jpg

こちらは2階の内観。こちらもほぼ終了です。
来年から塗装に入ります。


「静岡の住宅」内装下地工事2

R0018078.jpg
「静岡の住宅」の現場監理に行ってきました。LDKの床合板が終わり、
天井下地もほぼ終了です。


R0018088.jpg

こちらは浴室になるところです。既存を完全に解体して新たに拡大し
てリニューアルするので壁位置が変わります。そのための基礎を新た
に新設しています。


R0018073.jpg

こちらはLDK、浴室洗面エリアとは別エリアの応接間の解体後です。
こちらも既存の状況が良かったので、構造補強は不要でした。これか
ら内装下地の追加です。既存の天井下地がルーバー状になっていて綺
麗です。住宅なのでこのままとはいかないですが、店舗などであれば
この意匠を利用できたなと思いました。



「中庭のある二世帯住宅」内装工事

R0017983.jpg

「中庭のある二世帯住宅」は内装工事に入りました。
こちらは2階のキッチン廻りをみた所です。天井の低いところと高い
ところのバランスを考えて設計しました。高すぎず低すぎず、大らか
でもあり、落ち着いた感じでもある良いスケール感となってます。こ
れから窓枠などの造作工事、床貼り工事へと入っていきます。


「静岡の住宅」内装下地

R0017960.jpg

静岡県富士市の住宅の現場監理に行ってきました。
たわんでいた床の撤去後、既存の大引きの上に新しい根太を施工して
います。和室だったところの壁と柱を撤去し、梁を補強し、天井を部
分的に撤去して、既存のダイニングキッチンスペースと一体になる洋
間のリビングに変えています。ダイニングキッチンもレイアウトを一
新します。
左手は既存のまま保存する廊下です。クライアントの思い出が詰まっ
た場所で、廊下の拭き掃除を長年していたこともあって床が黒光りし
ています(写真では養生中ですが)。出来上がると新旧の空間が並列
する形になります。その見え方が楽しみです。


最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。