スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「G住宅改修」竣工

少し前になりますが、「G住宅改修」が竣工し、お引き渡しをしました。正式な竣工写真はプロのカメラマンにお願いしましたが、出来上がるまでの暫定として自分で撮影したものでご紹介しておきます。

IMGP6278_L.jpg

外観です。カラーガルバリウム鋼板の縦波ですが、通常仕上材でしかないところ、今回は耐震壁を兼ねています。以前のブログでもご紹介しましたが、クライアントでもある構造設計者の考案で、大学で実験し強度を確認しました。耐力確保には特殊なビスを正面から躯体まで打つ事が必要で、ビス穴の止水を兼ねるための縦波材となっています。波の凹部をいくつかピッチで上から下までコーキングしていますが、違和感ありません。


IMGP6201_L.jpg

また既存の石張りの擁壁との対比も意匠のねらいでもありました。おもしろい外観になっています。


IMGP5545_L.jpg

室内はフルスケルトンリフォームなので、木造部分は既存の柱梁を残しながら構成し直しています。また、地下と繋がる1階RCスラブに穴を空けて、地上2階と地下とを空間的に繋げました。こちらが地下から見上げたところです。最上部にはトップライトも設けて地下まで光が入ってくるようにしています。


IMGP5520_L.jpg

地下には玄関を新たに設けています。こちらは玄関から上階に上がる階段を見たところです。法的に地下で既存は道路に面した駐車場でした。車は必要無いとの判断で、半分を駐輪スペースとして残りを玄関として囲いました。


IMGP5485_L.jpg

駐輪場から玄関と階段スペースを見たところです。新たに設けた壁は、ケイカル板2重張りとしています。古い躯体の中に新しいものが挿入された意匠を白い壁と目地デザインで表現しました。


IMGP5631_L.jpg

1階に上がるとこのようなスペースとなっています。こちらはLDKです。以前はスペースが個割りになっていましたが、ワンルームの広いスペースとしました。


IMGP5634_L.jpg
IMGP5645_L.jpg

設計当初は2階の既存床組を現しにする予定でしたが、既存の状態が悪く、梁の補強や根太のやり直しが発生したので、天井を閉じることにしました。天井高は2.3Mですが、吹き抜けを設け、更に上部にトップライトを設けることで、低さを感じない空間となっています。一部補強の梁が見えるのと、既存の古い梁も現しになって、意匠的にも特徴を持たせる事ができました。


IMGP5834_L.jpg
IMGP5938_L.jpg

吹き抜けを2階から見たところです。トップライトと吹き抜けが家全体の「中心」を創り出しています。


IMGP6763_L.jpg

その吹き抜けに面した柱のひとつです。40年前のままで、梁との取り合いをはずし、残ったほぞ穴をそのまま見せています。これも改修だからできる意匠です。


IMGP5767_L.jpg

2階には和室を設けました。小学校3年生になる娘さんとお母さんが琴を弾くスペースにもなっています。天井に1本だけ古い梁が見えています。


IMGP5793_L.jpg

こちらは2階の子供スペースです。将来間仕切りが可能ですが、今は和室と廊下を通って回遊できるようになっています。


IMGP6814_L.jpg
IMGP6784_L.jpg

吹き抜けには既存の二本の古い梁との間に縄を渡したスペースがあります。こちらは子供の遊び場になってそれをつたってリビングに降りられるようになっています。クライアントの素晴らしいアイデアです。


IMGP6817_L.jpg
IMGP6827_L.jpg

子供のスペースに関するクライアントのアイデアは他にもあります。小学校3年生と4歳の子供なので、基本的にLDKで遊び、LDKで学ぶ場を設けています。このようにリビングダイニングに面した本棚スペースの一角を子供の勉強スペースとなるように設計しました。本棚の奥行きをこの段だけ深くして机になるようにしています。


IMGP6796_L.jpg

こちらは階段の手摺りと照明スイッチの納まりです。
まだまだご紹介したいところはありますが、長くなるのでこの辺りで終えておきます。

先日プロのカメラマンの繁田諭さんに撮影をしてもらいました。光の表現が上手な方なので出来上がりがとても楽しみです。それが上がってきたらホームページの方でご紹介する予定です。









スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。