スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掲載のお知らせ

160524_homify.jpg

「Viilla Boomerang / 八ヶ岳の別荘」が、ドイツベルリン発の建築、インテリア、プロダクトのオンラインマガジン homify日本語版に掲載されました。「北欧建築の魅力紹介」の1例として「大きな開口部からの光で明るいリビング」として取り上げられています。是非ご高覧下さい。
https://www.homify.jp/ideabooks/721675





スポンサーサイト

香港建築

香港報告の続報です。

IMGP4328.jpg

IMGP4319.jpg

香港の摩天楼は予想通りのスケールと美しさでした。さらに現地で気付いたのは、建物の搭状比がすごいということです。オフィス系は通常のプロポーションでしたが、マンションはこのような感じで恐ろしく塔状です。香港の地価は東京以上で地震がないので必然的にこうなるのだと思います。このような風景は予想外に面白かったです。


IMGP4535.jpg

香港の名建築というと、IMペイの中国銀行タワー、フォスターの上海銀行ビルと香港国際空港、そしてザハ・ハディドの香港理工大学のJockey Club Innovation Towerだと思い、それぞれ見てきました。特にザハの建物は24年前の学生の時に見たドイツのVitra FireStation以来だし、先日の訃報もあって見るべき貴重な作品だと意気込みを持って訪れました。


IMGP4543.jpg

IMGP4585.jpg

IMGP4546.jpg

このような建築でした。おもしろいです。けれども僕自身が思っていた建築とは少し違っていました。写真から想像して、空間の重なり合いがすごいことになっているんだろうと期待していましたが、実際はいわゆる空間性はあまり感じない建築でした。「グラフィカルアーキテクチャー」とでもいえば良いのか、視覚的には非常に特殊で写真映えはそうとうする建築です。けれども体感する空間は予想よりノーマルでした。Vitra FireStationも同じような印象を持った記憶があります。Vitraには同じく視覚的におもしろいゲーリーの建物もありますが、こちらは空間的にもかなり雄弁でした。この香港理工大学は内部空間のスケールが少し小さすぎると思います。必要なプログラムを入れ込むとこうなるのだろうけどちょっと惜しいと思いました。もう少し大らかなスペースでこのデザインを見てみたかったと思います。


IMGP4561.jpg

ただ、グラフィカルアーキテクチャーは美しく、既視感も無く、この建築のおもしろさはあります。また、ザハ建築を2つ見たくらいで総括など出来ず、むしろ、ザハの他の建築にますます期待感が増してきました。他の建物はスケール感が違うものもありそうで、そちらの空間を体験してみたいと思いました。



IMGP4447.jpg

予想以上に良かったのがIMペイの中国銀行タワーでした。発見は外部がすべて面(ツラ)で納まっているところです。それゆえに非常に彫塑的な印象を持ちました。これほど彫塑的な超高層は僕の中では初めてです。この建築は香港人にも非常に人気があるらしいです。


IMGP4460.jpg

フォスターの上海銀行ビルは予想通り良かったです。地上部の抜けは気持ちが良いスペースであり、しかも街区の中でとても機能していました。


IMGP4487.jpg

IMGP4505.jpg

床(地面)を少しうねらせているいるところが良かったです。伊東さんやSANAAのような曲線的なうねりではなくて、こちらはフラットな面を斜めにつなげた直線的なうねりです。その地盤に立って見える吹き抜けの腹の部分のガラス床、エスカレーターが印象的でした。


IMGP4486.jpg

内部はこんな空間です。とても気持ちの良いオフィスでした。



IMGP4952.jpg

IMGP4949.jpg

国際空港も予想通りの美しい空間でした。巨大な空間ですが、トップライトからの間接光が柔らかく、それを見せる天井パネルの精巧さもあってどこかヒューマンスケールな印象を持ちました。


ここからは香港の風景を紹介しておきます。

IMGP4361.jpg

ビクトリア・ピークからの眺めです。霧が出ててあまり鮮明には見えなかったですが、ビルがひしめき合っている風景は面白かったです。


IMGP4791.jpg

対岸から見た香港島の夜景です。色がついて派手なのが印象的でした。


あとは町中の風景を少し紹介しておきます。

IMGP4745.jpg

IMGP4711.jpg

庶民性と都市性のスケールと人の対比がなんとも面白い町でした。







最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。