スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

House S リノベーション

S_S_blg_001_c.jpg

都内で竣工していましたマンションリノベーションの竣工写真をとりまとめたのでご紹介しておきます。こちらは玄関です。廊下を無くしてLDKに取り込んだので、玄関をこのように独立させた部屋としています。リフォーム前とリフォーム後の計画の概要は以前ご紹介したこちらの記事をご参照下さい。
http://moriyoshiatelier.blog25.fc2.com/blog-entry-162.html
http://moriyoshiatelier.blog25.fc2.com/blog-entry-151.html


House Sリノベーションでは、せっかく南北に窓があるにも関わらず、両者をバラバラにされていた既存のプランに疑問を感じ、それらを繋げつつ、空間に広がりを持たせることをメインに考えました。

S_S_blg_002_c.jpg

こちらはマンションのちょうど中心から南側を見ています。リビングを通して南側の風景が見えます。以前はこの中心に水廻りと廊下があり、このような光景は見られませんでした。


S_S_blg_003_c.jpg

廊下と水廻りを整理した分、リビングも以前より広くなりました。クライアントが別宅に置いていたお気に入りのソファを置くことができています。


S_S_blg_004_c.jpg

IMGP2565.jpg


ダイニングスペースは、キッチン収納と一体とした造り付けの丸テーブルとして、家族が集まって食事ができる場所としています。


S_S_blg_005_c.jpg

このように南北の窓を繋げて風通しと部屋通しの繋がりを確保しています。



IMGP7420_L.jpg

IMGP7419_L.jpg

IMGP7415_L.jpg

来客時や空調効率を上げる必要のあるときはこのように閉じる事もできるようにしています。


S_S_blg_007_c.jpg

この案件はマンションの最上階でメゾネット形式となっています。


S_S_blg_006_c.jpg

上階には主寝室が設けられています。レイアウトは変えずに壁の仕上げのみを新しくしました。下の階は塗装仕上げとしましたが、上階は元々の仕様の通りクロス仕上げとしています。その上で1つの面のみクロスの表情を変えています。


IMGP7516_L.jpg

そして、元々あったウォークインクローゼットの平面を少し広げたのと、無駄なスペースとなっていた天井裏を有効利用できるように天井の仕上げ位置を上げて、収納を一部2階建てにすることができました。これで収納量はずいぶん増えています。



IMGP2538.jpg

この物件は、クライアントのセンスとご提案に対するご理解に大変助けられています。当方の意見を良く聞いて頂き、元々のご提案から殆ど変わらないかたちでこのように竣工できました。改めて感謝致したいと思います。

この物件でもそうですが、マンションリノベーションで私がまず考えることは「風通しを確保すること」と「部屋通しの繋がりを設けること」です。その二つが現在の日本のマンションに欠けていることだと思っています。以前手がけた物件でも同じような考えで計画していました。
https://suvaco.jp/project/YNbNSMZJk3

これからもどんどんマンションに風穴をあけて行きたいと思います!









スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。