スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掲載のお知らせ

11111.jpeg

昨年竣工したHouse H リノベーションがキッチン専門のウエブマガジンに掲載されました。クライアントへのインタビューの形式で紹介されています。是非ご高覧下さい。
http://realkitchen-interior.com/sp-issue/11875




スポンサーサイト

House K リノベーション竣工写真

ブログの更新が滞っていました。昨年末になりますが竣工したツーバイフォー住宅リノベーションの竣工写真がまとまりましたのでご紹介しておきます。

001_L_b.jpg

まずは外部ですが、外壁や屋根、窓など建物本体の外部はそのままで、エントランスの門扉とアプローチ廻りをリノベーションしています。門扉廻りの壁は特殊モルタル(モールテックス)の左官仕上、門扉はスチールリン酸処理仕上の扉として引き戸としています。


002_02_L_B.jpg

こちらは1階のLDKです。床材は既存利用で、壁天井は塗り替え、正面のテレビの設置されている壁はポーターズペイント塗装仕上げとしました。


003_01_L_B.jpg

キッチンも再利用としてコストを軽減していますが、背部の扉やトイレの扉などは既存扉にダイノックシートを張り回して色のトーンを変えています。あまりコストがかからない方法ですが、空間の雰囲気は随分かわりました。


004_L_B.jpg

階段は既存の階段の上に仕上を施したのと、スチールの手摺りを撤去して木製の壁状の手摺りにしました。こちらもコストの割に効果が大きかったです。


005_L_B.jpg

006_L_B.jpg

007_L_B.jpg

洗面所と浴室は大きくリノベーションしています。洗面所は壁位置をずらして既存より広くしました。浴室は大きさは変えていませんが、中身はすべて新しくしています。窓もここだけは撤去新設して、既存よりも大きくしています。壁の仕上は浴室洗面所共に特殊モルタルであるモールテックスで統一しました。


008_L_B.jpg

こちらは子供部屋です。都心のコンパクトな住まいなので、スペースの有効利用が必要ですが、子供の勉強部屋はそれぞれ分けずに1室として、このような造り付けのデスクを設置しています。


012_01_L_B.jpg

こちらは夫婦寝室です。子供の寝室は別にありますが、今のところ家族全員で寝られるように広いマットを部屋全体に敷き詰めています。天井は木を貼って間接照明を施しました。


010_02_L_B.jpg

こちらは仕事部屋です。今回のリノベーションのきっかけとなったのは、この仕事部屋を充実したものとすることでした。アニメの音入れをされているご主人のためのスペースですが、音響部屋となっています。機器は別の部屋に設けて配管したり、特注のスクリーンを設けたりと、小さいスペースにいろんな工夫が凝らされています。間接照明を設けたり、天井高さをうまく利用したりなど今回のリノベーションで一番苦労した所でした。


014_01_L_b.jpg

013_L_B.jpg

今回はお若いご夫婦と3人の幼い娘さんがクライアントでした。空間に関するこだわりも強く、またいろんな知識をお持ちで、一切妥協せず強い意志をお持ちでした。建物は建築家だけでなくクライアントと建築家の合作として創り出されるといわれますが、今回は特にそのように実感しました。クライアントの強い思いがなかったら実現しなかった部分が多くあります。自分にとっても新たに挑戦した事が多くあり、それがうまく出来た喜びを得られ、大変貴重で充実したものとなりました。改めてクライアントに感謝したいと思います。どうもありがとうございました。
 
最後に改修前の写真をいくつか入れておきます。

R0024759.jpg

R0024702_B.jpg

IMGP7069_B.jpg

IMGP7061.jpg

IMGP7037.jpg

IMGP7031.jpg




最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。