N House 地下壁施工

少々忙しくしていてブログの更新が滞っていました。ようやく少し落ち着きましたのでブログを更新します。まずはN-Houseの進捗状況


181126_2.jpg

杭基礎、基礎梁、地下スラブを終え、地下1階の壁に入りました。ずっと施工図チェックと配筋検査ばかりしていた物件ですが、これまで意匠的な要素はなく、建物性能保持が目的でした。ここからは打放し面があり意匠チェック満載です。


181126_1.jpg

外部廻りはスギ型枠打放しです。2種類のスギ型枠を使い表情を分けています。出来上がりが楽しみです。




最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR