監修していたRIO PRADO赤坂が竣工しました

IMGP9448-3.jpg

監修に関わっていた集合住宅が竣工しました。監修という立場は初めてでしたが色々勉強になりました。設計は株式会社デザインファクトリーさん、施工は内野建設株式会社さんで、両社とも経験豊富な大変信頼できる会社で、監修者として安心して対応させて頂けました。


IMGP9395-2.jpg

業務内容は、この集合住宅を保有することになるオーナー様からのご依頼で、オーナーの立場で現場に意向を伝える事と、専門家として施工状況や性能等をチェックする事でした。いわゆるデザイン監修ではなく、仕様性能監修になると思います。
具体的には現場が始まってから、現場定例に参加して、設計者の監理状況と、現場の進捗を確認してオーナーに報告する事と、各仕上や仕様でオーナーのご希望を確認し、設計者と、施工者に伝えていくのが主な業務でした。通常のプロジェクトではあまりこのような立場の人間は入らないことが多いと思いますが、今回実際のプレーヤーになって思ったのは、この立場はプロジェクトをスムーズに進める上で重要な立場である事が分かりました。
いわゆる不動産投資の場合、今回のように、プロジェクトがある程度進んだ状態で、多くは実施設計が終わり工事費が確定して、確認申請も通った時点で、途中から購入することが多くなります。
その場合、元々オーナーが設計者に依頼しているプロジェクトに比べると、オーナーと設計者、そしてオーナーと施工者の間に少し距離があります。またプロジェクトの途中から出来る内容を、専門家でないオーナーでは分からない事があると思います。
このような不利な点を補うために、もう一人の専門家がオーナー側に付いて、アドバイスをすると共に、設計者と施工者にオーナーの意向を専門的にスムーズに伝えていくことは、プロジェクトを円滑に進めるのに大変有効であると思います。
今回のプロジェクトでそのことをいろんな場面で実感しました。


IMGP9427-2.jpg

デザイン監修でないので、基本的に設計はしていませんが、建物のネーミングとロゴ、共用部に置くアートのショーケースについてはこちらでやりました。
建物名は「RIO PRADO赤坂」となっています。このネーミングとロゴは、古くからの友人でもあるデザイナーの藤井信明さんの考案とデザインです。


IMGP9540-2.jpg

ショーケースは今回のプロジェクトで唯一こちらで設計したものです。デザインワクトリーさんの設計意図を理解して、それに合う形になるように設計しています。


IMGP9587-2.jpg

今回は賃貸マンションですが、分譲マンション並みの高スペックであることと、設計者も施工者も非常に誠実に取り組んで出来た物件です。また三井不動産レジデントファーストが管理するので安心です。
オープンしたばかりでまだ空きはあるようです。

もし赤坂近辺で賃貸物件をお探しの場合は、大変お勧めです。




Trackback

Trackback URL
http://moriyoshiatelier.blog25.fc2.com/tb.php/231-4d96e23e

Comment

Comment Form
公開設定

最新記事
カテゴリ
プロフィール

森吉直剛アトリエ

Author:森吉直剛アトリエ
http://www.moriyoshi-a.com/

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR